Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/takechyo01/athrun.info/public_html/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/takechyo01/athrun.info/public_html/wp-includes/plugin.php on line 601

ミネルヴァの翼

世の中のハテナ?を独自の視点で考察!

*

黒木奈々胃がんの真相?団塊世代と水道普及率について!

      2015/09/19

スキルス性胃がんの可能性のある黒木奈々

こんにちわコノハです。
本日も気になる話題から独自視点でお届けします!

スキルス性胃がんの可能性のある黒木奈々↑フリーアナウンサー黒木奈々さん

綺麗なお姉さんという印象があります。

NHKBS1「国際報道2014」(月~金曜後10・00)で
キャスターを勤める黒木奈々(31)さんが、8月末の放送以降
姿を見せていなかったのですが、今日、本人が所属事務所を通じて
「胃がん」であることを告白し話題となりました。

そんな黒木さんをも襲った胃がんの真相について
考えて見たいと思います。

スポンサーリンク

はじめに

7月末に胃潰瘍穿孔の診断を受け、
手術をしたのが胃がん発見のきっかけでした。

手術を受ける前、突然の腹痛を訴えたらしく
この症状から、本人も気がつかない間に
進行していたのが伺えます。

「胃がん」には表面化する部位によって
症状と対応が分かれています。

一般的に胃の粘膜表面が荒れてがん化する場合と
遺伝子異常や細菌による胃壁と粘膜の間が損傷するケースがあります。

前者は比較的発見しやすく、胃カメラを飲んだりすると
症状や進行度合いがわかるので発見されやすいのですが
後者は胃壁と粘膜の間で進行する為、発見が遅れます。

黒木さんの場合は恐らく後者のケースだったと推測され
症状から「スキルス性胃がん」ではないかと考えられます。

スキルス性胃がんの原因は他の胃がんと同様に様々あり
その中でも「ピロリ菌」感染由来によるものが疑われます。

「ピロリ菌」は通常、経口感染が主な感染ルート
大人になってから感染しても胃がんに発展するような
悪さはしないと言われています。

ある実験では被験者に対し「ピロリ菌」を
意図的にクチから大量摂取させ、事後観察したところ
急性胃炎のみで、菌の定着は認められなかったとあり
健康な成人が感染するケースは少ないようです。

 

ピロリ菌の感染ルートは?

では、いつのタイミングで感染したのか?

これは主に幼少期等の抵抗力の弱い時期に
何かしらの経口感染(クチから直接飲み込む)が
主な原因とされています。

いわゆる団塊の世代~40代の60%は
捕菌しているとさえ言われているのですが
その主な要因は上下水道の整備の歴史にあると
考えられます。

 

ピロリ菌感染は水道の歴史とリンク↑厚生労働省「水道普及率推移」グラフより

 

上のグラフを見ると、1970年代から
水道普及率が向上し、現状では98%を上回る整備状況です。
この時期、高度成長期を迎えた日本は急激なインフラ整備を進めます。

そのおかげで、環境衛生状況が著しく改善。
それまで流行り病とされていたマラリアやチフス等の
感染性の病気が上下水道整備のおかげで撲滅されました。

しかし整備が未達な時期に水源として利用していた
地下水や井戸水、河川などを使用していた世代は
結果として体内に細菌を宿すこととなりました。

これが保菌者が団塊世代やそのジュニア世代に
多いといわれる原因のひとつなんですね。

未だ仮説の域を抜けないピロリ菌の感染ルートですが
主に4つあると仮定されています。

  1. 糞口感染:感染者便中にはピロリ菌が検出される。水洗トイレの普及していない
    開発途上国が主なルートと思われる。井戸水を介した感染か「ハエ」「ゴキブリ」など
    媒介になっている虫が感染との説もある。

  2. 家族内感染(口~口感染:「母親から子への感染」「父親から子への感染」
    「兄弟同士の感染」などで全て確認されています。
    (これは菌の遺伝子タイプを調べること判明する)口腔内(唾液)からピロリ菌が
    検出される。これに対し「夫婦間の感染」は稀とされていて、感染するのが主に子供だから。
    親子間のキスや家族一緒の食事が実は「口~口」感染の原因なのかもしれない。

  3. 施設内感染:保育所・幼稚園での小児の集団生活が感染源という説。

  4. 医療感染:消毒の不十分な医療行為(胃カメラ、歯科治療など)が原因で
    ピロリ菌が感染する危険が指摘されています。これは血液製剤、予防接種が原因で
    C型肝炎が流行した問題に似ています。

上の例でコノハが注目したのは
2の「家族内感染」です。

虫歯の菌は親が咀嚼した食べ物や口移しなど
直接クチからクチへ食べ物が移動した際に
一緒に菌まで移してしまう事が主な原因とされます。

ピロリ菌も虫歯菌と同様に口移しや
咀嚼ができない子供のことを思い親が噛み砕いた
食べ物などが感染ルートとしてあげられれるのは
ごく自然なことです。

無知とはいえ、愛情から出た行為が
逆に子供の将来を危うくさせる可能性があるということを
知っておくべきですね。

黒木さんは2014年時点で31歳
団塊世代の親を持つ一人として
上で推測されるよう状況にあったと思います。

順調に病気を克服して
素敵な笑顔をまた見せて欲しいです。

 

まとめ

衛生状態が向上し、普及率が100%近い世代にとって
ピロリ菌が親父世代の病気と思うのは危ないです。
実は回りに保菌者が多く存在する可能性が高いからです。

自分が幼少期にどんな風に育てられたか?
改めて親から聞いてみるのも話のキッカケとして
ヒアリングしてみるのは如何がでしょうか?

  • 噛み砕いた食べ物の直接の口移しでピロリ菌は感染する。
  • 50代の団塊世代や団塊ジュニア世代に保菌者が多い可能性。
  • なんといっても早期発見!健康診断は定期的に受診。

編集後記

知らない間に進行する病気って怖いですね。
仕事が忙しすぎて健康診断受診しないことの
リスクがデカイことに改めて考えさせられます。

なるべくなら病気とは縁が無い人生を送りたいですね。

 

でわでわ、また今度。

 

追記 2015/09/19

2015年9月19日午前2時55分

黒木さんが他界されたと報道がありました。

⇒ 黒木奈々さん死去 32歳の若さで、フリーアナウンサー 胃がん闘病中

 

コノハはにわかファンでしたが、32歳と言う若さに驚いたのと同時に、ご冥福をお祈りしたいと思いました。

美人なのはもちろんですが、真摯な語り口調にとても好感をもってました。

黒木さん、今までありがとうございました。

安らかにお眠りください。

スポンサーリンク

 - カラダのこと