ミネルヴァの翼

世の中のハテナ?を独自の視点で考察!

*

千葉県立中央博物館の斎木健一研究員!図鑑大好き人生について

   

千葉県立中央博物館研究員の斎木健一さん

300628_615
出典:news.walkerplus.com

こんにちわコノハです。
植物の研究って凄く地道です。
新種が発見されたからといって
それが直ぐに人に役立つという
わけでもありません。

スポンサーリンク

 

そんな中、地元千葉で
図鑑の魅力を知ってもらおうと
様々な企画を計画して
多くの人へ植物界の認知を
広げようと活動する人がいます。

 

 

はじめに

こちらの斎木さんは
千葉県立中央博物館に
所属する研究員です。

斎木健一
出典:blogs.yahoo.co.jp/emi3merlin/GALLERY/show_image.html?id=48204026&no=0

 

氏名:斎木健一(さいき けんいち)
職業:千葉県立中央博物館 植物学研究科・主任上席研究員
専門分野:古植物学・植物学
研究テーマ:千葉県の植物相,中生代の植物
研究内容:銚子の植物調査結果を取りまとめ中。
研究成果:いすみ市の植物調査では、新種「イスミスズカケ」発見

笑顔の素敵な現在40代。
子供も植物も大好きな
優しい人柄がうかがえます。

 

 

図鑑大好き企画展

同博物館で2014年7月に
開催された斎木さんの企画展で
「生き物鑑定」なるゲームを用意。

クイズに答えた正解者に缶バッチの
プレゼントを用意する等、子供心を
くすぐるようなアイディアを演出。

ゆるキャラ「チーバ君」と写真撮影する
コーナーも用意する等、博物館の
訪問者への配慮を欠かせません。

 

 

常設展示コーナーでは

歴史上に偉人が残した図鑑を
特集した規格も常設されていて
あのダーウィンが発刊した「フジツボ図鑑」、
プライヤーの「日本蝶類図譜」、ペリーが
来航時の学術調査記録「日本遠征記」
15歳の手塚治虫少年が全て手書きで
描いたという模写もあります。

実際にそれら図鑑などを手にして
中身を見ることができるので、多くの
情報を得ることができます。

斎木さんの専行である植物の発生から
成長までを工程ごとに描いた図柄とともに
その記録を見ることで比較することができます。

子供の自由研究にはとても
良い環境ですね。

スポンサーリンク

もっと植物のことを知ってほしい

斎木さんの研究や活動は
多くの人へ植物の事を
知ってもらうおうと図鑑を通して
敷居の低い情報拡散を
狙いのようですね。

植物というと「まず名前をおぼえることから」
という方が多いと思いますが、植物の
楽しみ方は様々です。

その中でも特に植物の形のおもしろさについて
紹介したいと思っています。

野菜や果物を料理するときとは
違うところで切って、断面を見てみてください。
新しい発見がきっとあります。

出典:www2.chiba-muse.or.jp/?page_id=666

普段クチにする野菜から
植物への興味をそそるなんて
意外な盲点でした。

今後の活躍に期待したいです。

 

まとめ

斎木さんは博物館の研究員でありながら
様々な図鑑の監修や発刊に携わっています。

あなたが一度手にした事のある図鑑も
ひょっとしたら斎木さんの名前が載ってる
かもしれませんね。

  • 斎木さんは千葉県立中央博物館研究員
  • 専行は「植物学」
  • 以前、県内で新種の植物を発見した
  • 子供が大好きで、気に入るような企画も計画している

 

個人的に好きな図鑑はこちら

出典:youtube

飛行機は乗るのも観るのも大好きです。
また乗りたいなー。

 

編集後記

図鑑って見ているといつまでも
ずーっと見入ってしまう子供時代でした。

きっと斎木さんのような子供心を
わかってる大人の策略に見事
嵌ってたんでしょうw

 

でわでわ、また今度。

スポンサーリンク

 - ヒトに関すること